Trang chủ / Câu chuyện Nhật Bản / Lịch sử hình thành cửa hàng tiện lợi Combini tại Nhật

Lịch sử hình thành cửa hàng tiện lợi Combini tại Nhật

Script tiếng Nhật:

今から30年前、アメリカの大地でビジネスチャンス出会ったサラリーマンがいた。24時間営業のコンビニエンスストアーを日本に持ち込もう。交渉のリーダーは業界17位のスーパーに中途入社した男。このビジネスに掛けた。しかし、足元みられ、信じられない条件を突きつけられた。プロジェクトに集まったのはずぶの素人たち。運命の一号店は重大な危機に立たされた。逆行の中で常識あぶりの流通革命が始まった。(主題歌)
夜10時ちょっと回ったところです。今全国で5万店と言われているコンビニエンスストアーですが、日本で最初に作られた一号店がこの店です。日本のコンビニ初所と言ってもいいと思います。一号店はこの時間でも大賑わいです。一時間に訪れるお客さんは200人。28年前の開店以来、この店は全国でトップクラスの売上をぽっています。
・お久しぶりです。・お久しぶりでございます。
オーナーの山本憲司さん。元々は牧野酒屋さんでした。
・一番変わったのは何ですかね。
・一番変わったのは。。今銀行ATMが入ってるんですが
・去年からですか。去年からです。
・結構利用します? 本当の財布があるように利用されています。
ATMは24時間利用できます。電気やガス電話といった公共料金の窓口支払いはその6割がコンビニです。コンビニは今や7兆円産業なんですね。
プロジェクトX挑戦者たち今夜皆さんからの熱い要望にお答えしまして。日本人の生活を大きく変えたコンビニエンストアー誕生のドラマをお伝えします。昭和46年日本は大量消費の時代を迎えた。時代の主役はスーパーマーケットだった。大量に仕入れて安く売る巨大スーパーが次々に生まれ。三越などの新生デパートを追い抜いた。たきずく小売り業界で業界17位に甘んじていた会社があった。イトーヨーカドーだった。東京先住の用品店からスタートしたこの会社には大手に比べ資金力がなかった。『あの野村さんとか鞄の。。』重い責任を感じている男がいた。清水秀雄。当時34才
会社で初めての短大卒の清水は店舗開発の仕事を任されていた。しかし、土地を買う資金には限りがあった。千葉に建てた店は墓地の裏だった。埼玉に建てた店は畑のど真ん中だった。清水はマネジメント能力を問われた。
『社内からもそんなとこで売れんのかっていう反対もあったし。それからかといって、そういうとこでないと土地を借りたり買っても非常に高いわけですから。ま、そんなに大きい店ができないという。』
古手の幹部たちは若くして登用された清水に単価を持っていた。「お前のやり方が悪いと避難した。清水はまもなく移動を命ぜられた。部屋は3坪、予算はゼロ。社員たった一人の部署、追い込まれていた。そのとき、一人の上司が『清水、アメリカに行こう!』と声を掛けた。鈴木敏文(すずきとしふみ)38才。途中入社の清水は会社のたいしすぎ疑問を持ち、新しいビジネスを探していた。果てのないアメリアの旅が始まった。長距離のバスの中には清水と鈴木の姿があった。このとき、鈴木にはさらに一つの目的があった。スーパー出店の度に必ず起こる」地元とのもめ事。それを解決する道をもう、探し求めようとしていた。さんざん反対されてね、それでももって「はい」と思うんですからね。もう意地でも、ここでやり抜こうという気持ちになったということ。有名スーパーを手当たり次第に訪ねた。しかし、どこも莫大な資金を投入した超大型店ばっかり。参考にもならなかった。シカゴ、ロス、サンフランシスコ流行ってる店があると聞けばスラム街の中にも入っていた。スラムに入れば殺されるかもしれないみたいな共感もあったし、そういう話も聞いてますから。外には出られない。当時は、?というのと、ちょっともういい加減にして帰りたいという気持ちが混在しましたね。
安いモテルを泊まり歩きながらの旅だった。金はなかった。英語も話せず毎晩部屋でカップラーメンをすすった。清水は最低のサラリーマン人生だと思った。そんなある日、長距離バスを降り立つと目の前に一軒の小さな店があった。便利な店。コンビニエンスストアーと呼ばれていた。店は狭かったが、客で賑わっていた。営業時間は朝7時から夜11時まで、品数は豊富だった。驚いたのは一切値引きがないことだった。さらに店舗が全米に4200もあると聞き、鈴木はこれだと思った。一回見たこともない店。それが4000店もあって。それでこれだけの売上収益を上げているということは何か?があるはずだと。
すぐさま、本社があるテキサス州ダラスを訪ねた。会社の巨大さに圧倒された。社員の数およそ2万人。腰が引けた。しかし、聞けばこの会社は元はテキサスの小さな小売り屋だった。氷と一緒に、卵やパンなどを置くことからの商売がこれほど大きく成長したのはなぜなのか?秘密は100冊におよびマニュアルにあると担当者に言われた。一か八かこの極秘のマニュアルに掛けよう。鈴木は見切り八社で経営を申し出た。
現れた役員に懸命に契約を訴えた。しかし、様子を見ようとするものや、足を投げ出すものもいた。なめられていた。役員の一人がいた。8年で1200店にしなければペナルティをとる。セブンイレブンの商標使用料も極めて高額だった。 「英語」
厳しい契約を飲んだ。契約書のサインを見ながら、清水は震えた。帰国した2人を避難が待っていた。役員会にでた鈴木に幹部たちが冷ややかだった。日本には160万件の小売店がある。成功する訳がない。社長の伊藤まさとしが突然言い出した。『やるなら君たちが責任をとれ。』本社が援助できるのは資本金の半額だ。清水はイトーヨーカドーを退社し、新しい会社へ移った。プロジェクトリーダーは鈴木、副官は清水。2人は貯金を吐き出し資金を作った。コンビニが焦げれば俺たちの人生もおしまいだ。退路は完全に立たされていた。
そのアメリカで新しいビジネスを探し求めた清水秀雄さんにお越しいただいてます。こんばんは、どうぞよろしくお願いします。
そうですけれども、結構きつい好条件をどんどん付けてきますね。はい、
アメリカに初めに行ったときは、我々はヨーロッパのほうに目をつけているので。日本はやる気がないと声だけで終わり。会えなかったですか。トムソンに会えなくて、もっとしたのひと。じゃ、門前払いというような形で。サインを押しているところを見てましたね。震えたですか。交渉の責任者は鈴木、全部やった訳なんですが、私は脇で行ってハラハラしてたと。。だけど本当にその約束を通して成功するかどうかというの私個人的にはあの、半分不安がありました。不安というのは何の不安だったんですか。自分自身はたまたまスーパーに参りましたから。いろいろな考え方がスーパーとは逆なんですね。スーパー当時、大きい店の方がいいと。大きい店を作ろうという気持ちだった訳なんです。これは小さい。なおかつ、当時のスーパーよりできるだけ安く売ろう、安くも売らない。そういう意味で、?ことが分かった。
昭和48年秋、プロジェクトのメンバー集めが始まった。本社の社員からは業務で忙しいと出向を断られた。困ったあげく、労働組合の投資を誘った。岩国修一、38才。退社から睨まれていた。『あまり良くないぞ、戻れるんかい。そういうふになりましたら、新しいプロジェクトあればね、やってみたいな。』
中途採用の面接に来た。元商社マンも引っ張り込んだ。鎌田誠晧(かまだまさあき) 。有望なビジネスだと口説いた。騙されたと思ってね(?)。楽しく入ってから0から立ち上げるということでね、わきましたね。
事務所は会社の大部屋の一番隅をやっと貸してもらった。残りのメンバーは新聞広告で募った。元自衛官やパン屋の営業マンなど、総勢15人。見事なまでのずぶの素人集団だった。しかし、強い見方があった。アメリカから届いたマニュアルだった。元商社マンで営業が得意な鎌田が翻訳作業を買ってでた。どんなところにお店をたて。どんな商品を揃えれば儲かるのか。全員が期待に胸を含まらせた。しかし、翻訳終えた蒲田は青ざめうつむいた。マニュアルには面々とレジの打ち方や釣り銭の渡し方が記されていた。アルバイト教育するためのものだった。やっと出店場所の記述をみつけた。通りに面して、近くに住宅街があり、競合店のないところを選べ、当たり前のことだった。どうやって作る、どういうところで作るそんなのはどこにも書いていない。これは。。ちょっと違うかな。念を託したマニュアルは全く役に立たない。メンバーは自力で一号店で開くしかないと走り回った。その矢先だった。オイルショックが日本を襲った。土地の取得など出店費用は予定の倍になった。一号店の目処は全く立たなくなった。メンバーの中には、日本ではコンビニは無理だと弱音を吐くものもいた。ある日のことだった、いつの手紙が舞い込んだ。江東区の酒屋からだった。新聞でコンビニの記事を見ました。私の店を改造してコンビニを始めることはできませんか。鈴木と清水は喜び喜びさんで、その店へ向かった。しかし、現地にいって驚いた。工場と空き地しかない。埋め立て地だった。空き地の片隅にぽっつんと酒屋が立った。おはようございます。
手紙をくれたやまもとけんじは当時23才の若者だった。
4年前に父を失い大学を中退して稼業を継いでいた。山本には年老いた母親と 高校生の妹、中学生の弟がいた。そして、結婚したばっかりの身重だった。親狩りみたいなもんですから。一年では妹が大学に行きたいと。。他の道に行きたいという気分もありましたから。コンビニエンストアやりたいなという気持ちがあったんです。山本さんは瀬戸際に立たされている。私たちと同じだ。鈴木は山本の手を握りしめていた。改装を初めて見ると22坪の店がとにかく狭かった。そこに冷蔵庫や棚を押し込んだ。改装費用は2200万円、その全額を山本は土地を担保に銀行から借りた。清水はどんな製品を店におくか懸命に考えた。酒屋時代の六倍実に3000種類の商品を仕入れた。メンバーは新装開店のチラシを作り、工場街に点在する団地に配って回った。組合出身の岩国は少しでも役に立てないかとひたすら床を磨いた。オプンの前に、アメリカから指導員がきた。店を見て、こんな場所で、こんなに狭くてビジネスならないと言い話 、夜の町に消えた。全ての商品が陳列されたのは朝4時、開店の3時間前だった。昭和49年5月日本のコンビニエンスストアー第一号店開店の日。雨になった。午前7時の開店前からメンバーは荷物置き場に集まり、店内を見つめた。まもなく最初の客が入ってきた。工場に出勤途中の男性だった。男性は店内に並べられていた商品をゆっくりと見て回った。
緊張しました、ドキドキしました。3分くらいじゃなかったなと思うんですけれども。私としてはもう10分くらいの感じでした。非常に長く感じました。最初の客が買い求めた商品は八百円のサングラスだった。午後になると、主婦と子供たちの列ができた。チラシを見た団地からの客だった。その日の売上は39万4千円。酒屋時代のじつに2倍の金額だった。しかし、1ヶ月後、みんなどん底にたたきを落とされた。山本商店の売上は確かに以前の2倍に増えた。しかし、長時間営業のための電気代やアルバイト代、本部に支払うロイヤリティ差し引くと、以前と利益が変わらなかった。このままでは、山本は借金の返済で火達磨になる。15人のメンバーはみんな立ちすくんだ。清水なかなかうまくいかないもんですね。そういう意味で、非常に初めのころ心配していました。ちょっと中に入ってみましょう。入ってきて、ビックリしたのがすぐのところに、こういうストッキングが置いてあるんですね。伝線にしましたから。そのときに、ちょっと寄ったが売ってるということで便利じゃないかと。伝線した女性は『あ、あるわ』と飛び込んでくると、すぐ目の前だから。。サングラスありますね。アメリカはみんなさんサングラスを掛けて、売れているんですね。日本でも売れるのではないかというふに思った。一番初めに売れたものはサングラスだったんですよね。そう。お気持ちはどうだったですかそのとき?とにかく、サングラス一個でも、一番初めのお客さまですから、買っていただいただけでも、感激しましたけれども。こちら、これは珍しいですね。そろばんですよ。本当ですね。ふで。筆ペンでしょ。そうですね。これはもう。こういう文房具店。一番奥には冷蔵庫があるんですけれども。狭い店内で随分大きいんですよね。この後ろに回ると、工夫がされているんですよ、こちらにも扉があります。向こう側に抜けてるんですね。こうなるんですね。今はこういう作りにはなってますけど。その当時もこうだったんですか。いぇ、これはですね。やっぱり山本さんのところの商品の置き場は狭いもんですから。はい。後ろから自由にできると、それからもう一つはいつも冷たい商品がこの前のほうに来ているということで、後ろに扉付けていた。そうですか。そうすると元々この冷蔵庫の後ろに扉がなかったんですか。直入しました。日本で初めてですからね。そういう面でやっぱり色々試行錯誤考えたことも 多かったんですね。それに対する責任感もありましたし。また、我がの将来もありましたから。成功しなければ、もうダメなんだという。みんながそれの気持ちが強かった。さて、追いつめられたプロジェクトですが、土壇場で意外な人たちが起死回生の策を打ち出しました。 開店から半年がたった。山本商店は以前ぎりぎりの経営が続いていた。アルバイトを雇うよろこぼはなかった。山本は一日16時間店にでた。長男を生んだばっかりの妻の良子さん。産後十日目からレジに立った。メンバーはみんな山本のいっかを巻き込んだ責任を感じていた。これはなかったですからね。そのころ、山本のお店に毎日通う男がいた。岩国修一だった。労働組合の自分に何ができるのか。せめて、体だけでもと釣り銭の両替や床の掃除を毎日続けた。そんなある日、岩国は以外なことに気がついた。商品の中に帚や食器、雑貨など何ヶ月売れない物があった。その一方で、ジュースなどの飲み物は品切れになっていた。山本に訪ねた品切れの飲み物なぜ仕入れないのですか。山本は黙って岩国を店の二回に連れて行った。そこには、商品がうず高く、積まれていた。山本は言った。今夜は商品はまとめてしか運んでくれない。品揃えを保とうとすると、在庫が山のようになり。品切れを補充したくても置き場所がない。岩国はメンバーのもとへ飛んで帰ると見た光景を話した。鈴木が言った。それならば今夜に商品を小分けして配送してもらう手はないのか。それは無謀な提案だった。今夜の配送は洗剤なら一ダース、ジュースなら5ケースと相場は決まっていた。日用雑貨の小分け配送など採算合わないと供するのは目に見えていた。そのとき、岩国は自分の取り柄を思い出した。組合で鍛えた強気の交渉だった。私は説得してきます。岩国の遠回りが始まった。さらに、鈴木が新たな手を考えた。すべての商品を調べ上げ、回転の良い品だけを置けば在庫が少なくて済む。しかし、商品は3000種類、コンピュターなどなく、個々の商品うれきょう 毎日調べるのは大変な作業になり、手を挙げたのは元商社マンの蒲田。得意の英語使えず体を ?していた。こんなものこんな細かく出したって現場でね誰が見るんだと、たぶんそいうのを?かもしれません。こういう経験があれば。それは何もなかったということで、疑うその気がなかったんですね。その日から、蒲田は深夜まで会社に残った。これまで、小売りの店は年に一回の棚卸しで売れ強をつかんでいた。しかし、蒲田は3000種類の売れ強を毎日手で集計した。一日15時間。伝票に向かい続けた。まもなく、思いがけないデータが浮かび上がってきた。洗剤の場合、大きなサイズはほとんど売れず、小さなサイズだけが売れていた。インスタントラーメンは袋詰めよりもカップラーメンの回転率が高かい。週刊誌は発売から4日経つと、ほとんど売れなくなることが分かった。客がコンビニに何を求めているかが見えてきた。ある日、鈴木は問屋を口説きをおとす。大胆な手を思いついた。山本商店の周辺。江東区に集中して新しい店を作れないか。そうすれば、一つの店が少しずつ注文してもまとまった数になる。集中出店は共倒れの恐れがあった。しかし、コンビニは早朝と深夜の新しい客を開拓できると鈴木はいった。メンバーはコンビニへの参加を求め、一斉に江東区の商店街にいった。先頭に立ったのは短メーカーの営業マンから転職してきた宮川輝男だった。宮川は小売店の懐に飛び込んでいた。そのころ、清水は連日深夜まで、事務所につめていた。素人たちの戦いぶりに目を見張った。深夜、メンバーが帰ってくると黙って、カップラーメンを差し入れた。ありがたかったですよね。むしろ、ラーメンを食べることがありがたいよりも上司が気を使ってくれたことがありがたかったかなという。宮川の説得がこうそうした。まもなく、山本の店の回りに11件 が参加約束した。午前立て整った。問屋の説得は岩国の交渉にかかっていた。岩国は新いせの問屋に一晩寝ずに考えていた。ある一言をいった。コンビニは新しい客を開拓する。新しいビジネスになります。新しいビジネス。その言葉に、問屋も身を乗り出した。昭和50年夏、ついに山本商店への小分け配送が始まった。以前は一ダース単位だったコーヒーは3個一組で届けられた。ヨーグルトは一個一個ばらで運ばれた。在庫はみるみる減った。利益は九価ごを描き、上昇した。店は土壇場で息を吹き替えた。山本に、笑顔が戻った。これなら大丈夫だと、これなら思いきやできると。賑わう店の片隅に客の様子を見つめる清水がいた。社内でのれいぶ、アメリカでのくつぞく気がつくと、どん底の日々から。二年が過ぎていた。一年後、山本商店の成功を聞き、次々に新しいコンビニエンスストアーがオプンした。日本に流通の革命が始まろうとしていた。その大きな波(うねり)の中心には、次々と大胆な手を打つ、小売りの素人15人の姿があった。途中賑わっているお客さんの内清水さんの顔がありましたね。どんな気持ち浮かび上がったんですか。やっぱり嬉しい。感激はちょっとありました。いまでも思い出しました。随分あれですね。やせてましたねまた。もう一人のゲストにお越し頂いてます。第一号店の店主山本健司さんです。こんばんは。ようこそ。山本さんのお店です。当時と同じ思いですか。そうですね。本当に懐かしく感じます。プロジェクトメンバーのみなさん本当にずぶの素人よくやりましたね。本当に真っ白でちょっと不安なところがあったんですけれども。その誠実さというのが伝わってくるんですね。全てが一所懸命なんですね。それでいろいろなこと聞くんですけれども、聞かないときは分からない。少し時間をくださいと。きっと答えを持ってきますという感じでしたから。本当に自然に私たち勇気がでてきた。日本独自の、このコンビニエンスストターのやりかたですね。この本ですね。これはハーバード大学のビジネススクールで使われている教科書なんですが、流通の先進国のアメリカのハーバードの教科書に日本のコンビニエンストアーが紹介されています。山本さんのこの店。26年間振り返てみて、どうですか。妻とか、息子に少し迷惑を掛けたかなという部分がありますけれども。私は青春みたいなもんでしたけれども、力いっぱいという感じで。あまり後ろに振り向かないという感じでしたね。清水さん、本当に若さをすべて注ぎ込んでいたという感じですか。そうですね。まだ、若かったからできたというところあると思います。とにかく挑戦してやりたいという気持ちが強かったですね。コンビニエンスストアーはね、本当に私たちの生活にはなくてはならないものになりましたね。賛否論、様々な議論がありましたけれども。そこから這い上がろうという情熱ですね。感心しました。素人ばっかりのプロジェクト率いた鈴木敏文さんと清水秀雄さん、その後会社を年商2兆円の日本一の小売り業に育てて上げた。平成2年正月驚くべきニュースが届いた。本件アメリカの経営危機だった。原因は無計画な店の経営と不動産登記の失敗だった。知らせを聞いた鈴木はすぐさまさいけんに乗りだした。このとき、長い苦難のせいに完成させた独自のマニュアルがあった。送り込んだのは流通のずぶの素人だった蒲田まさあき。みんなで作り上げたマニュアルはアメリカでも威力発揮した。わずか3年で黒字経営に転換しアメリカ戦後最大のさいけんげきと呼ばれた。
かつてアメリカの大地彷徨いを続けたサラリーマンがいた。どん底から這い上がった男たちの執念が20年後日米の逆転劇を生んだ。23才で酒屋をコンビニに変える決断をした山本健司さんは今でもレジに立つ。素人たちの熱い戦いが繰り広げられた第一号店。全てはこの小さな店から始まった。

Đọc thêm

Nếu bạn cho rằng sushi có nguồn gốc từ Nhật Bản, bạn đã sai!

Những điều chưa biết về Sushi – món ăn nổi tiếng nhất và cũng bí …

Leave a Reply